肌荒れの様々な原因|美肌になるためのケア方法

スキンケアする女性

最新の睡眠時間とは

レディ

美肌になるためにはたくさんの努力が必要です。正しいスキンケアや、栄養バランスを考えたえた食事、睡眠など様々なことに気を遣わないといけませんが、ここではお肌のゴールデンタイムについて紹介していきます。
睡眠不足は肌荒れの原因の1つです。よく言われているのがお肌のゴールデンタイムとして夜の10時から深夜2時の時間はお肌のターンオーバーされる時間帯と言われてきました。実際に夜の10時までに寝るように努力している人もいるでしょう。しかし、夜10時~深夜2時の睡眠時間が肌に良いという話は変わってきているようです。実はこの以前のゴールデンタイムは昔の人達の生活スタイルから出たもので、現代人の生活スタイルに合わせるとこの時間の睡眠ではなくなるというのが理由のようです。睡眠がお肌に良いのは寝ている間に成長ホルモンがでてターンオーバーが出来るからです。以前はその時間が夜の10時から深夜2時だったのですが、今は入眠から3時間から4時間ごろに成長ホルモンが分泌されると言われています。そのため、入眠してから3時間から4時間はしっかりと深い眠りにつく、つまり質の良い睡眠を取ることが美肌になるために大切な時間となります。しかし、なかなか寝付けないという人や質のいい睡眠がとれない、すぐに目覚めてしまうなどの悩みをもっている人もいます。そのような人は質のいい睡眠を取ることができるようなことを実践してみることで美肌になることができます。

睡眠の質を高めるためには、寝る前の行動を改めてみましょう。まずは、寝る直前の食事は控えて、できるだけ2時間から3時間前までには済ませておきましょう。寝る前にものを食べると、寝ている間も消化のために脳が起きているのでぐっすり寝ることはできません。お風呂も2時間から3時間くらい前に入っておくと良いでしょう。人は入浴後は体が温まり、体温が徐々に下がっていくと眠りやすくなるので、食後に入浴してリラックスタイムを設けることもいいでしょう。そして就寝前はスマホやパソコン、テレビなどを見るのを避けることも大切です。せっかくお風呂に入ってリラックス状態の体にブルーライトを浴びてしまうと目が覚めて眠れなくなります。できるだけ1時間前から見ないようにしましょう。また、明るい部屋にいると脳が夜ではないと勘違いしてしまうので寝る前には少し照明を落した部屋でゆっくり過ごすといいでしょう。
質のいい睡眠がとれない人は、このような工夫を取り入れてみてください。初めはなれなくても1つずつ習慣にしていくことで無理なく、質の良い睡眠を取ることができます。いい睡眠を心がけて美肌に近づきましょう。